資格試験☆資格試験7つのPower!

TOP>バランス勉強法~技術論(2.完全主義の落とし穴)

完全主義の落とし穴

重要性 ★★★★★(高) 実践難易度 ★☆☆☆☆(易)

挫折と飽きのヒント 質問などを受けていると、本当にたくさんの勉強方法があるんだな?と感心することが多いです。

ただ、その中で私が危険を感じる勉強法を1つ紹介させて
いただきます。それは、”完全主義・勉強法”です。

それは、「挫折と飽きの克服法」という内容です。

すなわち、テキストを前のページから順番どおりにやっていき、そこまでが全て理解できなければ、
次のページに進んでいかないという勉強法です。  

精神分析の世界では、真面目かつ強迫的で完全主義の人を「肛門性格」といっています。

子供が自分でオマルに排泄することが出来たとき、自立の快感を味わうというフロイトの
理論をもとにした性格モデルです。 

このとき子供は、自立の感覚に縛られ「何でも自分で出来るようにしなければいけない」
「何でも自分が完璧に出来る」という感覚に陥るといいます。

その意識が極端で、大人になっても持続している人が、精神分析の世界で言う「肛門性格」なのです。

これは、誰にでも少しは備わっている概念で、勉強をする上でも知らず知らずのうちに
影響がでてしまう恐れがあるものです。完全主義は勉強を非効率にします。

元来、勉強というのは全体像が見えないと、わからない箇所が山ほどあるものです。

ですから、わからない箇所がでてきたとしても、いったん考えてわからなければ飛ばす
勇気を持ってほしいと思います。

要は、「つまみ食い読書術」をマスターすることです。つまり、重要な部分だけを
徹底的に読むやり方で、そこだけをどんどん読んでいきます

具体的には、太字や赤字で説明されている部分、重要マークがついている部分ばかりを、
まずは重点的に読み進めていくのです。

そうすると、短い時間でまずは大きな全体像をつかむことができます。そこから徐々に
細かな部分を肉付けしていけば良いのです。

また、その時にどうしても気になる箇所が出てきた場合は、付箋を貼っておき後ほど
そこを調べるようにすれば良いと思います。

勉強法は、千差万別ですが、工夫次第でどんどん効果的、効率的になっていきますので、
工夫を積み重ねてみてください。

このお話は、和田秀樹さんの著書などを参考にさせていただきました。

◆ 要点整理 ◆

□ わからない箇所は思い切って飛ばすことも大事
□ まずは、テキストの赤字や太字ばかりを重点的にすること
□ 短い時間で全体像をつかんでしまうこと