資格試験☆資格試験7つのPower!

TOP>バランス勉強法~技術論(18.音読勉強法)

音読勉強法

重要性 ★★★☆☆(中) 実践難易度 ★★☆☆☆(易)

音読勉強法 音読勉強法とは、暗記、理解をするときに、とにかく声に
出して勉強していこうというスタイルです。

この音読勉強法の効果は素晴らしいものがあります(若干、ノドは疲れます^^;)。とにかく 暗記には絶大な効果を発揮します。

さらに、書くよりも断然早いペースで読み進めていけるため、勉強の効率性からしても、 取り入れない手はありません。まだ、あまり実践されたことのない方は、是非試してみてください。

専門学校の自習室などでは、大きな声をだすことはできませんが、少し小声で
ブツブツいう程度なら大丈夫ですよね。

家で勉強する時は、気を使うことはありませんので、とにかく声に出して勉強してみてください。
家で勉強する時は、できるなら歩き回りながら、声をだして暗記してみてください。

歩きながら声にだして暗記した内容は、驚くほど長期にわたって頭に残ります。
まだ、あまり実践されたことのない方は、是非試してみてください。

勉強は、机に座って黙々と勉強するだけではありません。電車、お風呂、散歩中、
待ち合わせ時間中、トイレ中など、あらゆるところで勉強できます。

少し話が脱線しましたが、家の中で歩きながら声に出す勉強法を取り入れることによって、
良いリズムも生まれやすいです。

人間の集中力はそんなに長く続きません。

○机に向かって黙々と1時間集中して勉強する!
○休憩を挟みながら30分程度、今勉強した内容を音読してみる!
○また、机に向かって1時間集中して勉強する!
○そして休憩を挟んで30分程度復習する!

これを繰り返しただけで、約3時間の勉強時間を確保できます。この方法だとそんなに
苦痛は感じません。

ただ、慣れるまでは時間がかかるかもしれません。

慣れないうちは、机から一旦離れると、再度机に戻ってこなくなる恐れはありますが、
自分のペースで徐々に、音読勉強法の時間を増やしていけば良いと思います。

勉強法は、本当にたくさんあります。

もし、音読勉強法があわなかったとしても、それはそれで全然かまいません。
とりあえず、何かひっかかる、うまくいかないな?と思うことがあれば、
まずはやってみる!ことです。

気軽な気持ちでチャレンジしてみましょう。

◆ 要点整理 ◆

□ 暗記に絶大な効果を発揮する
□ 歩きながら音読すると長期記憶に結びつきやすい
□ 音読することによって、勉強にリズムがうまれる