資格試験☆資格試験7つのPower!

TOP>バランス勉強法~技術論(6.隙間時間との戦い)

隙間時間との戦い

重要性 ★★★★★(高) 実践難易度 ★★★☆☆(中)

隙間時間との戦い 隙間時間の利用について考察したいと思います。

当然、隙間時間に勉強をしようという気持ちは皆さんお持ちだと
思います。

私の感想ですと、やはりうまく利用できていない人が ほとんど
だと思います。

だからこそ、自分が隙間時間を有効活用できれば、差がつけられるです。
そんなに、特別なものではありませんが、まずは隙間時間の例をあげておきますね。

○電車の待ち時間
○人との待ち合わせ時間中
○通勤時間
○TVとTVの間(要はコマーシャル時間)
○トイレ
○お風呂
○会議時間中の自分とは関係ない議題の時
○移動時間(フロアー間の移動中)
○歩いてる時間
○歯磨きをしている時間 などなど。

もっとたくさんの隙間時間が考えられそうですが、代表的なものだけあげておきました。

隙間時間を有効に利用するための1番大事なことは何だと思いますか?

人それぞれ違うと思いますが、私はまずどこにどんな隙間時間が発生するのかの把握、
そしてその隙間時間にもっとも適した勉強内容をあてがえるように準備しておくことだと 思います。

やはり、場面場面によって、もっとも適した勉強内容があるわけだと思いますし、
それを準備しておかないと隙間時間はすぐに過ぎ去ってしまいます。

そもそもが短い時間ですから・・・。

常にテキスト、問題集を片手にもって勉強するだけが、隙間時間の使い方ではありません。

頭の中だけで勉強することは可能です。歯を磨きながら昨日覚えた定義を頭の中で思い返して
みてください。

あとは、癖です。

この癖をつけるためには少なくとも、隙間時間を意識して、隙間時間用の教材、
具材を準備して、すぐに勉強への切り替えができるまでに1ヶ月ぐらいはかかると思います。

皆さんの意識で変わります。

隙間時間の有効活用は、驚くほどの効果があります。 長期記憶にも非常に役立ちます。

皆さん自身で工夫をされて、隙間時間との戦いに打ち勝ってほしいと思います。
頑張ってくださいね。

きっと誰にでもできることです。
楽して?!勉強の成績をあげていきましょう!!!

◆ 要点整理 ◆

□ 隙間時間で何をするのかを常に準備しておくこと
□ 頭の中だけで考えるだけでも効果はあがります
□ 隙間時間を有効活用する癖を身につけること