資格試験☆資格試験7つのPower!

TOP>バランス勉強法~技術論(9.東大生の強み)

集中力アップの共通事項

重要性 ★★☆☆☆(低) 実践難易度 ★★★★☆(難))

集中力アップの共通事項 東大生が資格試験にチャレンジすると、高確率で目指した資格試験に合格されていると思います。

私も東大生の方とたまに接する機会があるのですが、やはり勉強ができます。

そもそも小、中、高と勉強した内容と、資格試験は別内容のことが多く、東大生=資格試験に
有利とはならないはずです。  

それでも、高確率で資格試験に合格できるのは、勉強のコツをしっかりつかんでいるから
だと思います。東大生の中にも、天才型と努力型のタイプが存在します。

圧倒的に前者のIQ数値が高い方(天才タイプ)が多いとは思いますが、
それでも努力型で東大に合格された方もいてます。

ここでは、前者の方は無視して、後者の方を分析したいと思います。

まず、1番大事な事なんですが、東大は誰もが認める最高峰の大学です。その大学に合格できたと
いうことは、何事にも変えられない自信という武器を持つことができます。

勉強に対する自信!資格試験の勉強にチャレンジしてる最中にわからないことが出てきても
「いずれはわかるようになる」 「自分がわからないのであれば、皆もわからないはずだ」
と考えることができます。

これは、普段の勉強においてもそうですし、本試験においてもこのような考え方が できるため、落ち着いて問題に対処できることにつながります。

さらに、東大生にはプライドもあるということです。

つまり、講義の予習は仕事という観点より、 趣味的な要素も入っているのです。

東大生である自分が不合格になるのはみっともないと考えてる方も多いです。
このプライドの高さが、なにクソ根性につながるのです。

つまりは、勉強に対しての継続性、集中力につながりやすいと思われます。

当然、勉強方法が確立されているという技術論は無視できませんが、 気持ちの持ち方も大きく影響しているということを理解しておいてくださいね。

◆ 要点整理 ◆

□ 自信という武器を身につける
□ 精神的にゆとりを持って勉強に挑むことができる
□ プライドの高さが根性にもつながる