資格試験☆資格試験7つのPower!

TOP>バランス勉強法~精神論(1.喝をいれる)

喝をいれる

重要性 ★★★★★(高) 実践難易度 ★★★★☆(難)

喝をいれる 私は、受講生さんに絶対に合格していただきたいため、 講義の中で厳しいお話をさせていただくことがあります。

こういうお話が苦手な方、 反発してしまう方はお読みに
ならないでくださいね。

資格試験にチャレンジする以上、合格できないとその努力は何も報われません。当然、 勉強することによってスキルアップにつながるし、合格以外にも役に立つことも多くあります。

しかし、やはり資格試験にチャレンジする以上は、必ず合格していただきたいと思います。

資格試験に合格するためには、自己管理が絶対に必要になります。ですから、単に ”勉強をさぼってしまう”というのは、合格する上での大前提が欠けていることになります。

勉強をさぼるな!!といわれてもそれが、出来ないから悩んでいるという反発があるかもしれません。

しかし、資格試験は強制ではありません。

そこが、小学校、中学校教育とは大きく異なります。 勉強をしたくないのであれば、
しなければいいだけの話です。

資格試験に合格することは、自分の人生を自分で切り開いていくための手段なんです。

自分が頑張れば、新たな道が開けてくるのです。 資格試験に合格するには、常に
真剣勝負で挑まなければなりません。

すべては、自分の人生のためですから。

勉強で悩んでおられる方、もう1度自分の胸に手をあてて、自問自答してみてください。

単なる”さぼり”になっていませんか?
自分を楽な方向へと導いていませんか?

多くの受講生の悩みを受けてきましたが、私が1番怒る相談は、勉強もしていないのに
「全然成績が伸びなんですけど、どうしたらいいですか?合格できますか?」というものです。
さらに、ひどい場合はいろいろと理由をつけてくる。

・テキストが使いにくいですね。
・あの講師の方の説明は、ダメですね。など。

自分の出来ることを、自分できっちりと考えてこなしていくことが大事になります。 本試験日までの、1日1日を大切に過ごさなければなりません。

仕事、バイトなど忙しい方は、どのようにしたら時間を作り出せるのか、どのようにしたら
合格レベルに到達させることができるのか、を常に真剣に考えて行動する必要があります。

時間がないという言い訳は極力言わないようにしましょう。

それは自分自身、百も承知の上のことですから。それでも、チャレンジしようと決心したのは
あなた自身のはずですから。

時間がないからこそ、合格するための最良の方法を探すことにパワーを注ぎましょう。
悩んで勉強がてにつかないなんていう時間は必要ありません。

誤解しないで下さいね。

決して悩むな!といってる訳ではありません。大いに悩んでいただいたら結構です。

ただ、それが原因で勉強をストップさせてしまうことがいけないのです。暗記力がないから、
合格は厳しいのではないかと思い悩んでばかりいるのなら、勉強はしないほうがいいでしょう。

”さぼる”ことは簡単にできます。

”さぼる”と”休息をとる”は違います。そこのところを勘違いしてる方は、合格が遠のきます。

合格をするためにどうすればいいのか、そこで悩みが生じたときに、初めて私は
役に立てるのだと思っています。

それは、さぼってしまうというのは、やはり本人に”合格したい”という気持ちが薄いことが
原因になっていることが多いからです。あと、言い訳を用意してしまっている場合が多いからです。

本当に合格したいのかどうか!!絶対合格しなければいけないと心底思っているのかによって、
勉強の効果は天と地との差がでます。心底思っているか否かが大事になります。

口先だけではダメです。もし、さぼりそうになった場合は、もう1度自分が何のために
勉強をしているのか、よく考えてみてください。

私は、全然偉そうなことをいえる人間ではありません。しかし、この業界に長く携わり、
資格試験に合格するために何が一番重要になるのかはわかっているつもりです。

ですから、文面ではなかなかうまく伝えられませんが、かなり厳しく書かせていただきました。

辛口の文面、お許しくださいませ。

◆ 要点整理 ◆

□ 資格試験は強制ではありません
□ 時間がないということは極力言わないようにしましょう
□ 心底合格したいと思う気持ちが天と地との差をうみだします