資格試験☆資格試験7つのPower!

TOP>バランス勉強法~技術論(19.フローチャート勉強法)

フローチャート勉強法

重要性 ★★★★☆(高) 実践難易度 ★★★★☆(難)

フローチャート勉強法 フローチャート勉強法はあまりにも有名で、この勉強方法を利用していない方はまずいないと思います

れぐらいフローチャート勉強法の効果は絶大であり、人間の頭のつくりをうまく利用した勉強法だといえるでしょう。

一応、簡単にだけ説明しておきますね。

フローチャート勉強法とは、ある事柄についての説明文を、「矢印」を使ってコンパクトに説明の流れを示していく方法です。

ポイントは「矢印(記号)」を使って、文章の流れを重視しながらコンパクトにまとめていく作業を
する、という点です。この作業をすることによって、頭の中が整理され、テキスト、参考書に
書いてある内容を、自分のものにすることができます。

自分のものとは、自分の言葉に置き換えての説明ができるということです。 結局、テキスト、
参考書とほとんど同じになってしまいますが、少しの違いが大事なんです。

少しの違いであっても、フローチャートを作成しているその過程が重要ということです。

フローチャート勉強法が絶大な人気を誇るのは、勉強の2大要素である理解と暗記を
両方とも達成することができるからだと思います。

以上、フローチャート勉強法の長所を説明しましたが、欠点もあります。それは、まとめる
作業に時間がかかってしまうことです。時間がない方は、一から自分で考えてフローチャートを
作成していくのは困難だと思います。

欠点を克服するためには、最初からフローチャートを多用して説明してくれてあるテキスト、
参考書を利用することです。

ただ、上でも述べましたがフローチャートを作成している過程自体が重要なため、少しだけ手直しを
していくような感じが1番良いのではないでしょうか。

完成されているフローチャートに自分なりの一言メモを少しづつ付け加えていく!

これが究極のフローチャート勉強法だと私は考えています。では、皆さん試験までの
悔いのないように頑張っていきましょう。

◆ 要点整理 ◆

□ フローチャートを作っている過程が大事
□ ちょっとした違いを表現していくことに大きな意味がある
□ 完成型フローチャートに自己流で少しだけアレンジする