資格試験☆資格試験7つのPower!

TOP>バランス勉強法~精神論(20.勇気を持とう)

勇気を持とう

重要性 ★★★★★(高) 実践難易度 ★★★☆☆(中)

勇気を持とう

勉強する勇気についてお話したいと思います。実は、勉強嫌いの人は、勉強することに臆病な人が多いんですよね。

自分ではなかなか気付かないんですが、勉強をなかなか始めない方は(ダラダラと過ごしてしまう方)、勉強に対して不安感がある場合が多いんです。

もう少し違う言い方をしますと、勉強をしても成績があがらないのではないか?

ちょっとぐらい勉強をしても同じなのではないか?と思い込んでしまっています。

勉強の成果は、すぐに表れてこないということをあまり理解できていないのです。勉強を少しでもすれば必ず成績は上がっていきます。成績があがらないのは、ほとんどの場合勉強を継続的に頑張れていないからです。

もし、本当に継続的に勉強を頑張り続けているのに一向に成績が上がってこないというのなら、それは勉強方法の問題になります。

しかし、私の経験上、勉強方法の完全なる間違いというのは非常に少ないです。勉強方法には、たくさんの方法があります。それこそ、100人いれば、100通りの勉強方法があるのです。

自分の勉強方法を信じて勉強していけば、自ずと自己流の完成度の高いものが出来上がってきます(但し、若干の改善、微調整は必要です)。この事実をわかっていない方は、途中で勉強を放り投げてしまいます。

勉強してもダメだし・・・と。

この気持ちが少しでもあれば、勉強に臆病になってしまいます。ここで重要なことなのですが、少しでもこの気持ちがあればダメなんです。

なかなか勉強しようとしません。勉強が苦痛になってきます。勉強を少しでも頑張っていけば、必ず成績は上がります。

勉強をして、成績が悪くなっていくなんてことはあり得ないのです。

今話題の株式投資などは、いくら勉強しても、その投資成績はマイナスになってしまう事はあるでしょう。でも、資格試験の勉強は違います。マイナスになっていくということはあり得ないのです。

ですから、勉強に臆病にならずに、勇気を持って勉強と向き合ってください。

勉強をすれば必ず報われるとわかれば、頑張れます。勉強を楽しめることもできます!

勉強をすることに臆病にならずに、是非前向きな姿勢で取り組んでいただきたいと思います。

◆ 要点整理 ◆

□ 勉強の成果は徐々にあらわれることをよく理解すること
□ 勉強に臆病な気持ちは少しでもあってはいけないです
□ 勉強して成績が下がることは絶対にありません